/

この記事は会員限定です

NY株ハイライト 持ち直したエヌビディア、半導体株への資金流入続く

[有料会員限定]

【NQNニューヨーク=岩本貴子】19日の米株式市場でダウ工業株30種平均は小幅に反発した。前日比0.2%高の2万9483ドルで取引を終えた。新型コロナウイルスのまん延による短期的な景気懸念とワクチンの普及や追加経済対策の成立による景気持ち直しの思惑で方向感に欠ける中でも底堅かった。朝方に軟調に推移した画像処理半導体(GPU)のエヌビディアがほぼ横ばい圏で取引を終えるなど、コロナ禍でも成長が見込めると...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り778文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン