/

日経平均、反落で始まる 米追加経済対策の協議難航で

20日の東京株式市場で日経平均株価は反落して始まった。始値は前日比83円26銭安の2万3587円87銭。米国で追加経済対策の与野党協議が難航していることを受け前日の米株式相場が下落した。東京市場でも投資家心理が悪化し売りが先行している。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン