/

この記事は会員限定です

アップル時価総額2兆ドル超え 「異形の株高」呼んだもの

[有料会員限定]

【NQNニューヨーク=松本清一郎】19日の米株式市場でスマートフォンのアップルの時価総額が一時、米国企業で初めて2兆ドルを超えた。1980年12月に上場し、38年かけて時価総額が1兆ドルを超えたのは2018年8月。そこからわずか2年で1兆ドルを上乗せしたことになる。「異形の株高」をもたらしたものは何か。

アップル株は今年に入って上昇が加速し、年初来で6割近く上昇した。需給面で見逃せないのは個人投資家...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1291文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン