/

この記事は会員限定です

<東証>キヤノンが12年以来の安値 来期以降の減配を懸念

[有料会員限定]

(13時40分、コード7751)キヤノンが反落している。一時、前週末比43円(1.6%)安の2705円と2012年11月以来およそ6年9カ月ぶりの安値に沈んだ。7月24日、2019年12月期の連結業績(米国会計基準)予想の下方修正を発表して以降、低迷する業績を嫌気した売りが続いている。米中の貿易摩擦長期化を受け欧州でのデジタルカメラや事務機の苦戦に加え、半導体製造装置などの需要も低迷している。東海東京調査セ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り209文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン