/

この記事は会員限定です

<東証>神戸物産が大幅続落 「ヘッジファンドが新規で売り」の声

[有料会員限定]

(10時50分、コード3038)「業務スーパー」を展開する神戸物産が連日で大幅安となっている。一時、前週末比430円(7.4%)安の5420円まで売られ、7月11日以来およそ1カ月ぶりの安値に沈んだ。今年に入って株価が上昇を続けてきたことで、一部の機関投資家が利益確定売りを出したとみられているほか、「ヘッジファンドが新規でショート・ポジションを積む動きも出ている」(国内証券トレーダー)という。

同社株は今年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り210文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン