/

金融庁、10連休「連休中の市場監視強化」 取引所の人員倍増

金融庁と財務省、日銀は19日、3者会合を開き、皇位継承に伴う10連休前後に市場が急変した場合の対応策について改めて確認した。財務省は為替に関して、連休中も通常の平日と同様のモニタリング体制で臨み、相場が変動した場合の緊急連絡体制を整える。

金融庁は、連休前後の流動性の薄い相場を狙った投機的な動きなどを、証券会社や証券取引所、証券取引等監視委員会などと連携して監視する。連休前後に取引所の売買監視する人員を2倍に増やすほか、金融庁の担当者は連休中は東京を離れず緊急連絡体制を敷く。

海外の当局や取引所とも緊密に連携する。海外で取引される日経225先物など、連休中とその前後の国内外の金融資本市場の動向を注視する。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン