/

この記事は会員限定です

株、日銀買いの影でファンド勢苦境 NT倍率低下は「アルファ戦略崩壊」示唆か

[有料会員限定]

19日の東京株式市場で日経平均株価は続落した。新型コロナウイルス問題の収束が見通せず、世界経済の先行き不安からリスク回避を目的とした売りが止まらない。株安の連鎖から抜け出せず、日を追うごとにヘッジファンドの苦境が鮮明になっている。日経平均を東証株価指数(TOPIX)で割って算出するNT倍率の動向からも読み取れる。

新型コロナ不安が市場を覆うなか、NT倍率は足元で急速に水準を切り下げている。NT倍...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1196文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン