/

この記事は会員限定です

平成初期にも景気論争「最長は更新したか」 元経企庁幹部の証言

[有料会員限定]

平成初期の1991年、景気論争があった。当時としては戦後最長だった「いざなぎ景気」を超えたかどうかを巡るもので、この時は結局、いざなぎを超えなかった。平成がまもなく終わる今も、戦後最長を超えたとされる景気拡大は怪しくなっている。景気判断の難しさは今も昔も変わらない。

「いざなぎに並んだ」と宣言、かき消された警鐘

91年10月、越智通雄・経済企画庁長官(当時)は月例経済報告会議後の会見で「8月時点...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1539文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン