2019年8月21日(水)

上海株大引け 4日ぶり反発、「科創板」期待で証券高い

2019/7/19 16:43
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【NQN香港=林千夏】19日の中国・上海株式相場は4日ぶりに反発した。上海総合指数の終値は前日比23.0240ポイント(0.79%)高の2924.2006だった。指数が約1カ月ぶりの安値圏にあり、この日は大型株を中心に押し目買いが優勢となった。韓国やインドネシアの政策金利引き下げを受け、金利水準が比較的高い中国でも金融緩和策への期待が高まった。

上海証券取引所が開設したハイテク新興企業向け新市場「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。