/

1月の訪日外国人1.1%減、4カ月連続前年割れ 韓国訪日客減で

日本政府観光局(JNTO)が19日発表した1月の訪日外国人客数(推計値)は、前年同月比1.1%減の266万1000人だった。前年を下回るのは4カ月連続。日韓関係の悪化を受け、韓国からの訪日客数が59.4%減と、大幅に減少したことが影響した。1月末から本格化し始めた中国で発生した新型コロナウイルス感染症による訪日客数への影響は、3月発表の2月の訪日外国人客数統計に表れてくる見込み。

韓国からの1月の訪日客数は31万6800人と、前年同月(77万9383人)から46万2500人超減少した。JNTOは「韓国経済が低迷していることに加え、最近の日韓情勢で訪日旅行を控える動きが発生している」と分析した。

中国・武漢で発生した新型コロナウイルス感染症の感染拡大を巡る問題で懸念された中国人訪日客は、前年同月比22.6%増の92万4800人と、1月として過去最高を記録した。中国政府が同感染症の感染拡大を受け、中国人の海外への団体旅行の禁止措置を打ったのは1月27日だった。

JNTOは「1月27日の中国政府の通達前までは、航空便の大幅な増便などを背景に中国人訪日客数は好調な伸びを記録した」と指摘。そのうえで「1月27日からは、訪日を含む(中国人の)出国者数全体が激減している」とした。2月以降の統計では、中国人訪日客の大幅減少が見込まれる。

2019年は2月であった春節(旧正月)が20年は1月になり、訪日需要増の時期が前倒しになったことで、香港が42.2%増の21万9400人と1月として過去最高となった。そのほか、マレーシア(42.7%増)やフィリピン(48.9%増)、ベトナム(42.5%増)などからの訪日客数も前年同月比で2桁の伸びとなった。

その他の国・地域では、オーストラリアが5.2%増の8万5300人と、単月として過去最高を更新したほか、米国が13.7%増(11万7300人)となるなど、17カ国・地域が1月として過去最高を更新した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン