日銀の黒田総裁、消費税増税「影響は前回増税時より小さい」 参院財政金融委で

2019/11/19 12:12
保存
共有
印刷
その他

日銀の黒田東彦総裁は19日の参院財政金融委員会で、10月の消費税増税の影響について「引き上げ幅が前回に比べて小さく、軽減税率や幼児教育の無償化などの措置が実施されているので、影響の大きさは前回増税時よりも小幅とみている」としたうえで、「今後の影響を注視していく」との従来の姿勢を改めて示した。

公明党の熊野正士氏の質問に答えた。中央銀行の金融緩和と政府の財政拡大で景気刺激効果を高めるというポリシーミックス(政策協調)については「マクロ経済政策として一般的な考え方だ」と述べるにとどめた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]