/

この記事は会員限定です

<東証>古河電が反発 バイデン氏候補指名で米ネット網整備に思惑

[有料会員限定]

(10時30分、コード5801)古河電が反発している。一時、前日比64円(2.7%)高の2475円をつけた。米国で光ファイバーの普及が加速することへの期待感が株価を押し上げている。

米民主党は17日からの党大会でバイデン前副大統領を正式に11月の大統領選候補に指名する見込みだが、同氏は地域活性化策の一環として高速インターネット網の整備に前向きとされる。三木証券の北沢淳投...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り178文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン