/

この記事は会員限定です

<東証>三洋化が高い 「全樹脂電池、21年春にも量産」を好感

[有料会員限定]

(10時15分、コード4471)三洋化が4営業日ぶりに反発している。一時、前日比125円(2.6%)高の4940円まで上昇した。19日付の日本経済新聞朝刊は「三洋化は次世代型のリチウムイオン電池『全樹脂電池』の量産を2021年春にも始める」と報じた。将来の業績寄与を見込んだ買いが先行している。

福井県に150億円を投じて新工場を整備する。全樹脂電池はリチウムイオン電池に比...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り179文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン