/

この記事は会員限定です

CB残高、2兆円割れ迫る 株高で転換相次ぐ

[有料会員限定]

株式と債券の特徴を併せ持つ新株予約権付社債(転換社債=CB)の発行残高が減っている。このところの株高基調で、CBを保有する投資家から株式への転換請求が相次いでいるためだ。投資家はさらなる株価上昇を見込んで、株式として保有する意向を強めている。借り入れなど他の手段に比べて1度にまとまった資金を調達しにくいことから新規発行も低調で、CBの残高減につながっている。

アイ・エヌ情報センター(東京・千代田)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り959文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン