2019年8月19日(月)

電事連会長「原発、将来にわたって一定比率は必要」

2018/1/19 15:51
保存
共有
印刷
その他

電気事業連合会の勝野哲会長(中部電力社長)は19日午後、東京都内で記者会見した。小泉純一郎、細川護熙の両元首相が顧問を務める民間団体が、原子力発電所の即時停止を柱にする法案の骨子を10日に発表したことについて「エネルギー政策は国の根幹を支える政策だ」としたうえで「資源に乏しい我が国では、安全が大前提だが原子力発電の果たす役割は大きい。将来にわたって一定の比率は必要だと思っている」との見解を示した。

小泉元首相などが顧問を務める民間団体「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟」は10日、原発ゼロ・自然エネルギー基本法案の骨子を発表した。与野党に幅広く協力を呼びかけ、22日召集予定の通常国会への法案提出をめざしている。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。