ソフトバンク社長、携帯料金「大きな競争は起きない」 日経CNBCで

2018/12/19 13:09
保存
共有
印刷
その他

19日に東証1部に新規上場したソフトバンク(SB、9434)の宮内謙社長は同日午後、日経CNBCの番組に出演した。政府が携帯電話会社に利用料金の引き下げを要請していることについて「大きな競争が起きるとは思っていない」との認識を示した。格安ブランドの「ワイモバイル」を展開しており「早々と(値下げに)対応したと思っている」と話した。

配当については「(年間75円を)少なくとも2、3年間は維持したい」と述べた。

中国の華為技術(ファーウェイ)を巡る騒動など、国内でも中国製の通信機器を排除する動きが出ていることについては「政府のガイドラインに沿って新しいネットワークシステムを作る」と述べた。その上で「ファーウェイ製品を置いておくことは難しいかもしれない」との認識を示した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]