/

政府が成長戦略素案 20年に30兆円市場創出、首相「第4次産業革命を実現」

政府は19日、産業競争力会議(議長・安倍晋三首相)を開き、人工知能(AI)、ロボット、ITの活用を柱とする新たな成長戦略の素案をまとめた。AIなどによる第4次産業革命を起こし、2020年に30兆円の新市場創出を目指す。第4次産業革命を推進するため、閣僚や企業のトップなどが参加する「官民会議」を新設する。安倍晋三首相は同日の会合で「アベノミクスの第2ステージのカギは第4次産業革命の実現だ」と述べた。

成長戦略には中堅・中小企業のIT活用化支援や外国人材の受け入れ拡大、人手不足を解消するための生産性向上、各項目の目標や達成状況を図るための指標を盛り込んだ。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン