トヨタ社長「仲間を信じ、捜査に協力」 役員逮捕

2015/6/19付
保存
共有
印刷
その他

トヨタ自動車の豊田章男社長は19日、常務役員で米国籍のジュリー・ハンプ容疑者が麻薬取締法違反(輸入)の疑いで逮捕されたことを受けて都内で記者会見を開き、「世間を騒がせて申し訳ない」と陳謝した。

常務役員逮捕について記者会見で陳謝するトヨタ自動車の豊田章男社長(19日、東京都文京区)

会見には豊田社長のほか、早川茂専務役員が出席。冒頭で豊田社長は深々と頭を下げた。ハンプ容疑者については「我々にとってかけがえのない仲間」としたうえで、「仲間を信じて、当局の捜査に全面的に協力する」と述べた。また、「法を犯す意思がなかったことを信じている」と話した。

ハンプ容疑者の逮捕容疑は、6月11日に米国から麻薬成分の「オキシコドン」を含む錠剤57錠が入った国際宅配便を輸入した疑い。同容疑者は18日午前に滞在先の東京・六本木のホテルで逮捕された。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]