/

日銀総裁、追加緩和の手法「必要な手段、十分ある」

参院予算委

日銀の黒田東彦総裁は19日の参院予算委員会で、経済・物価情勢について「物価の基調は着実に改善してきている」と述べた。一方で「物価の基調が変化して2%の物価目標の達成に必要だということであれば、ちゅうちょなく金融政策を変更する」とも述べた。追加金融緩和の方法については「できることなら何でもやる。必要な政策手段は十分に有している」と話した。民主党の大久保勉氏への答弁。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン