/

この記事は会員限定です

ETF枯渇で札割れか、日銀買い巡り思惑交錯

[有料会員限定]

市場関係者の間で日銀上場投資信託(ETF)購入を巡る思惑が交錯している。前日18日はこれまでのパターンであれば入ったはずの買いが入らず、「『法則』崩れか」との声もあがったが、実態はそう単純ではなさそうだ。

日銀が7月29日、上場投資信託(ETF)の年間買入額を従来の3.3兆円から6兆円に倍増して以降、株式市場は「日銀の動向に振らされる相場」(みずほ証券の上野泰也チーフマーケットエコノミスト)が鮮明だ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1075文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン