/

日経平均、小幅続落で始まる 円高が重荷 ソニーは安い

19日の東京株式市場で日経平均株価は小幅続落して始まった。始値は前日比53円15銭安の2万2997円93銭だった。円相場が1ドル=105円台前半まで上昇していることや、米経済政策の先行き不透明感が高まっていることが重荷となっている。一方、18日の米市場でS&P500種株価指数が約6カ月ぶりに最高値を更新。米国株相場の上昇基調が崩れていないことが一定の支えとなっている。投資ファンド、サード・ポイントが株式を大量に売却していたことが明らかとなったソニーは安く始まった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン