/

この記事は会員限定です

衆院解散で開くパンドラの箱 「日銀に予期せぬ出口」

日経QUICKニュース(NQN)編集委員 永井洋一

[有料会員限定]

衆院解散の観測が急浮上した。投資家は政治空白がもたらす不確実性という新たな難問を抱え込んだ。これから注意すべきは株価よりもむしろ、財政不安がもたらす悪い円安と長期金利の上昇というパンドラの箱が開くシナリオだ。

朝鮮半島有事に備え、安倍晋三首相は日本の安全保障とともに、2019年秋の消費増税に伴う税収の使途変更も争点としたい考えだ。借金返済から子育て支援に回すことで、財政健全化はさらに遠のく。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1056文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン