/

この記事は会員限定です

日銀、「次回会合で点検」わざわざ明記 忘れなかった市場との対話

[有料会員限定]

日銀は18~19日の金融政策決定会合で大規模な金融緩和政策の維持を決めた。一部で深掘りの思惑があった短期の政策金利もマイナス0.1%で据え置いた。半面、公表文では海外経済の減速に言及し、日銀が政策変更のトリガー(引き金)として重要視する"物価のモメンタム"に対する警戒感も強めた。しかも、わざわざ文字にして「次回会合で経済・物価動向を改めて点検していく」との考えを示し、政策変更の思惑を保つ市場との...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り955文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン