/

この記事は会員限定です

<東証>東宝が7%高、1年ぶり高値 「鬼滅」好調の観測、短期の買いが「全集中」

[有料会員限定]

(10時50分、コード9602)東宝が急反発している。一時、前週末比315円(7.0%)高の4790円まで上げ、2019年9月27日以来、約1年ぶりの高値水準となった。子会社のTOHOシネマズなどで「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の上映が16日から始まった。一部スポーツ紙が「公開初日に興行収入が10億円を超えた」とする観測記事を発信するなど、週末に多くのメディアが同作品の好調さを伝えたことが好感され、個...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り212文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン