/

JAL、19年11月発行の株主割引券の有効期間を6カ月延長

日本航空(9201)は19日、2019年11月に発行した株主割引券の有効期間を6カ月延長すると発表した。同割引券の有効期間は20年11月30日までだったが、21年5月31日までとなる。新型コロナウイルスの感染拡大で少なくなっている、株主の利用機会を確保する。

JALの株主割引券は毎年3月末と9月末の株主を対象に保有株に応じて発行する。1枚で国内線(片道)を普通運賃の半額で利用できる。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン