日証協会長、東芝に「市場の信頼取り戻してほしい」

2017/4/19 15:00
保存
共有
印刷
その他

日本証券業協会の稲野和利会長は19日の定例記者会見で、東芝(6502)が監査法人の意見不表明のまま2016年4~12月期決算を発表したことについて「一定の情報開示があったことは否定的に評価すべきでない」とした上で「監査法人の意見が表明されないことは極めて異例だ。投資家にとって投資対象としての評価が難しい局面になっている」と述べた。東芝に対しては「正確な本決算を発表した上で一刻も早くガバナンスを回復させ市場の信頼を取り戻してほしい」と求めた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]