日精工、ベアリング取引の訴訟で和解 業績への影響はなし

2020/6/19 9:54
保存
共有
印刷
その他

日本精工(6471)は19日、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)とグループ会社の計7社が2019年に英国商業裁判所に提起していた訴訟について、和解に合意したと発表した。和解により同社の今後の業績に与える影響はないという。

同訴訟は、自動車向けのベアリング(軸受け)の取引に関するもの。欧州委員会が14年に同社など日欧企業に対して欧州内でカルテル行為を実施したとして制裁金を課していた件に関連したもので、訴状には請求金額の記載はなかった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]