/

この記事は会員限定です

米株2万ドル割れ 東京市場はどう動く 関係者の見方

[有料会員限定]

米国株の動揺が続いている。18日のニューヨーク株式市場でダウ工業株30種平均は大幅反落し、前日比1338ドル安の1万9898ドルで終え、3年1カ月ぶりに節目の2万ドルを下回った。新型コロナウイルスの感染拡大による米景気と企業業績への不透明感が高まった。矢継ぎ早の経済・金融政策に対しても市場の不安が収まらない。一方、日本時間朝には欧州中央銀行(ECB)が7500億ユーロの資産買い入れ策を導入すると...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2024文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン