2019年7月16日(火)

7/16 6:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: リクルート株、1.6兆円分が売られる日[有料会員限定]
  2. 2位: さえない日本株、決算発表が決める年後半の行方[有料会員限定]
  3. 3位: 宝印刷、市場再編が促す変身[有料会員限定]
  4. 4位: 7月のNY連銀景況指数、12・9ポイント上昇しプラスに転換
  5. 5位: 米株高は最後の宴か 長短金利逆転下、金融相場は過熱[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,685.90 +42.37
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
21,630 +30

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

7月12日(金)14:20

かんぽ生命 不適切販売で時価総額が一時1兆円割れ[映像あり]

トランプ氏 中国に「がっかり」 農産品購入なく不満

7月12日(金)13:00

[PR]

NQNスペシャル

フォローする

市場、「2人の皇帝のスタンドプレー」に買いで反応
日経QUICKニュース(NQN) 編集委員 永井洋一

2019/6/19 10:52
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

電撃的な米中貿易交渉の再開方針に世界の株式市場が買いで反応している。前日の米株高に続き、19日の東京株式市場で日経平均株価は上げ幅を300円あまりに広げ、2万1300円台に上昇した。だが、米中交渉は寄せれば返す波のように、期待と失望を繰り返してきた。思惑先行の市場の動きに警鐘を鳴らす声は多い。

「二人の皇帝のスタンドプレーの公算が大きい」。米ニューヨークに滞在中のパルナッソス・インベストメント・…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。