/

この記事は会員限定です

世界マネー、日本株にシフトか 米FANG株安で再評価

日経QUICKニュース(NQN) 編集委員 永井洋一

[有料会員限定]

長らく上値が重かった日本株が上昇基調を強めている。目を引くのが米国のハイテク株および米長期金利との関係だ。グローバルマネーが割高感の強い米国株から日本株にシフトし始めた可能性がある。

転機のひとつは今月5日に訪れた。SNS(交流サイト)の選挙への影響に関する公聴会が米議会で開かれ、フェイスブック(FB)とツイッターの幹部が出席。情報操作への対応について説明を求められた。この日をきっかけに米IT(情...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1162文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン