9/24 2:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: ソフトバンク株1.2兆円売り出し きしむ証券営業[有料会員限定]
  2. 2位: コロナで「未経験OK」求人減 人材市場、求ム即戦力[有料会員限定]
  3. 3位: 投機マネー、ユーロから円へ 欧州のコロナ再拡大で[有料会員限定]
  4. 4位: NYダウ続伸して始まる 一時120ドル高、ナイキが大幅高
  5. 5位: 運用難の生損保、配当狙いで相場支え 一巡後に警戒も[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,256,259億円
  • 東証2部 67,895億円
  • ジャスダック 97,876億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.23倍 --
株価収益率19.76倍24.95倍
株式益回り5.05%4.00%
配当利回り1.92% 1.70%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,346.49 -13.81
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,190 -30

[PR]

国内株概況

株大幅高、「外患」緩和を好感 「内憂」晴れず2万2000円なお遠く

2019/2/18 12:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

18日午前の東京株式市場で日経平均株価は大幅反発した。米中貿易協議の進展を見込んだ買いが入り、相場はじりじりと上げ幅を広げた。日本株を取り巻く外部環境の改善が投資家心理を支えているが、国内の経済指標や企業業績からは「内憂」が晴れる兆しがまだみえない。2万1000円を超え2万2000円をうかがう水準には厚い需給の壁が控えており、一足飛びの上昇は描きづらいのが現状だ。

日経平均の前引けは前週末比37…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記事の理解に役立つランキングやデータ

相場と投資を読み解く

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム