日銀の雨宮副総裁「予断なく適切な政策運営」 信組大会で

2019/10/18 15:56
保存
共有
印刷
その他

日銀の雨宮正佳副総裁は18日、全国信用組合大会であいさつした。海外経済を中心としたリスクを注意深く点検し「予断を持つことなく、適切な政策運営を行っていく」と述べた。日銀は10月の金融政策決定会合において経済・物価動向を改めて点検する。

海外経済を巡っては、米中貿易摩擦に対して「対立の激化はひとまず回避された」とする一方で「今後の展開はなお予断を許さない」とした。

国内景気については「製造業の業況感ははっきりと慎重化している」との認識を示した。半面、堅調な設備投資を背景として国内経済全体は従来と同じ「緩やかに拡大している」とした。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]