/

米国株下げ幅拡大、ダウ一時400ドル超安 中国株安を嫌気、VIXが20超え

【NQNニューヨーク=横内理恵】18日午後の米株式相場は一段安となり、ダウ工業株30種平均は前日比で400ドル超下げる場面があった。中国の景気減速懸念などから同日の中国株式相場が大幅安となり、世界景気の先行き不透明感が意識された。ダウ平均では中国での売上高が大きい建機のキャタピラーの下げが大きい。

市場心理を計る指標である米株式の変動性指数(VIX)は再び不安心理が高まった状態とされる20を上回って推移している。VIX上昇が投資家心理を冷やし幅広い銘柄に売りが広がった。朝方に米長期金利が3.21%前後まで上昇したことも、金利動向に敏感な主要ハイテク株の売りを誘っている。

昼すぎにCNBCテレビなどがラリー・クドロー国家経済会議(NEC)委員長が中国について「公正な貿易相手ではない」などと批判したと報じたことなども相場の重荷となっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン