2019年8月26日(月)

上海株大引け 3日続落、1カ月ぶり安値 米中協議の停滞懸念で

2019/7/18 16:39
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【NQN香港=林千夏】18日の中国・上海株式相場は3日続落した。上海総合指数の終値は前日比30.5160ポイント(1.04%)安の2901.1766と、6月18日以来1カ月ぶりの安い水準を付けた。米中貿易協議の停滞懸念から、前日の米国株やこの日の主要なアジア株式相場が下落した。中国本土市場でも投資家がリスク回避姿勢を強め、幅広い銘柄に売りが出た。

金融株の一角が下げた。不動…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。