NY連銀、短期市場に連日の資金供給 金利上昇を抑制

2019/9/18 23:47
保存
共有
印刷
その他

ニューヨーク連銀=AP

ニューヨーク連銀=AP

【NQNニューヨーク=松本清一郎】米ニューヨーク連銀は18日午前、前日に続いて短期金融市場に大量の資金を供給した。金額は750億ドル(約8兆円)。米市場では短期金利が上昇しやすくなっており、市場に潤沢な資金を供給して上昇を抑える。同連銀は前日も11年ぶりとなる資金供給に踏み切っていた。

資金を供給したのは「翌日物レポ取引」と呼ばれ、国債などを担保に金融機関が短期資金を融通し合う市場。同市場の貸出金利であるレポ金利は17日、一時10%まで急上昇する場面があった。

銀行間で短期資金を貸し借りする市場の金利であるフェデラルファンド(FF)金利にも上昇圧力がかかっている。米連邦準備理事会(FRB)はFF金利を2.00~2.25%に誘導する政策目標を設定しているが、今週は3%を超える場面が相次いでいた。

短期金利が上昇している背景にはFRBによる量的緩和の縮小がある。民間銀行がFRBに預ける超過準備金が少なくなり、短期市場の需給が逼迫しやすくなっているとされる。

FRBは18日午後に米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を発表する。前回会合に続き0.25%の利下げが見込まれている。これに加え、何らかの短期金利抑制策を打ち出す可能性もある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]