/

加藤厚労相、診療報酬改定「ニーズの多様化や財源確保など勘案」

加藤勝信厚生労働相は18日午後に記者会見し、2018年度予算編成の診療報酬改定について「(少子高齢化の進行に伴う)ニーズの多様化に添った体制づくりと財源の確保、(国民)負担などを総合的に勘案した結果だ」と話した。診療報酬のうち医師などの人件費にあてる本体部分の改定率については18日、麻生財務相との折衝でプラス0.55%に決着した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン