/

東エレクの今期、純利益11%増 IoTや5G普及が需要けん引

東京エレクトロンは18日、未定としていた2021年3月期(今期)の連結純利益が前期比11%増の2050億円になりそうだと発表した。あらゆるモノがネットとつながる「IoT」や、高速通信規格「5G」の普及が中長期的に製造装置の需要をけん引する。

売上高は14%増の1兆2800億円、営業利益は16%増の2750億円の見通し。新型コロナウイルスの感染拡大の影響は注視するとしつつも、半導体とフラットパネルディスプレー(FPD)製造装置の市場はともに前年比10%程度の増加を見込む。

年間配当予想は660円と、前期の588円から72円上積みする。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン