/

西武鉄道や伊藤忠など、としまえん跡地に「ハリポタ」施設開業へ 23年前半

米映画大手傘下のワーナー ブラザース ジャパンと西武ホールディングス(9024)子会社の西武鉄道、伊藤忠商事(8001)、芙蓉総合リース(8424)は18日、8月末に閉園する遊園地「としまえん」(東京・練馬)の跡地の一部に、映画「ハリー・ポッター」のテーマパークを開発する契約を結んだと発表した。2023年前半の開業を見込む。

新施設は「ワーナー ブラザース スタジオツアー東京 ―メイキング・オブ ハリー・ポッター」。英国のロンドンに次ぐ世界で2番目の開設となる。ハリー・ポッターの映画の世界観を体験できるテーマパークとなる予定だ。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン