/

政府、デジタル市場のルール整備など議論 未来投資会議

政府は19日、内閣改造後初めての未来投資会議(議長・安倍晋三首相)を開き、デジタル市場のルール整備の方向性と今後の成長戦略の検討課題について議論する。デジタル分野では、菅義偉官房長官を本部長とするデジタル市場競争本部やその下に有識者から成る会議を設置し、個人情報保護についての課題の調査・提言や巨大IT企業の取引を透明化する法律案などを検討する。

今後の経済成長に向けて、企業の経営資源の新たな分野への投資を促したり、組織の中にとどまる研究者らの就労の流動性を高めたりする施策についても議論する。産業政策では、業界全体を均一に施策対象とするのではなく開拓者精神が旺盛な企業数社を育てるプロジェクトへ集中投資したり、新規事業投資に積極的な企業経営者に対する表彰制度を創設したりするなど新たな施策を検討する。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン