ホンダ、四輪開発機能を本社に統合 本田技術研究所を再編

2020/2/18 15:54
保存
共有
印刷
その他

ホンダ(7267)は18日、連結子会社で四輪車の研究開発などを手掛ける本田技術研究所(埼玉県和光市)の四輪車の開発機能について、4月1日付でホンダ本体に統合すると発表した。また、連結子会社で生産技術の研究開発を手掛けるホンダエンジニアリング(栃木県芳賀町)を4月1日付でホンダ本体に合併させる。新機種の企画や開発、生産立ち上げ、量産の各工程の連携を密にし、商品力の向上や開発スピードを高めることが狙い。

本田技術研究所は存続し、研究に注力する。二輪車の開発は19年春に本体に統合している。本田技術研究所は創業者の本田宗一郎氏の発案で研究開発会社として本体と別に創設され、独立色が強いとされていた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]