東芝、新たな社外取締役を発表 トップ経験者で布陣も課題は山積

2015/8/18付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東芝が18日発表した社外取締役候補7人の内、3人に有力企業のトップ経験者が選ばれた。9月下旬の臨時取締役会で正式に就任する。これまで同社の社外取締役は主に元外交官や大学教授などが起用されてきたが、過去にない経営危機に直面する中で、経営の実務経験者に再建の一端を委ねる格好だ。不適切会計問題を引き起こした企業統治の強化など解決すべき課題も多いが、まずは社外取候補のこれまでの実績を検証してみた。

社外…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]