/

この記事は会員限定です

株、1兆ドルの劇薬で地固まるか ようやく光浴びる自社株買い

[有料会員限定]

18日午前の東京株式市場で日経平均株価は続伸し、前日比296円高の1万7308円で終えた。新型コロナウイルス不安が広がるなか、米政府が総額1兆ドルもの巨額の経済対策を検討すると表明。現金支給を含み財政悪化も伴いかねない"劇薬"投入で前日の米株式相場が急反発し、東京市場も買いで反応した。企業からの割安メッセージである自社株買い表明に素直に反応する動きも出て、嵐の様相だった株式相場はようやく落ち着きど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1302文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン