2019年7月24日(水)

NTTドコモ副社長、ファーウェイ問題「迷惑掛けぬよう対応」

2019/6/18 12:27
保存
共有
印刷
その他

NTTドコモ(9437)は18日、定時株主総会を開いた。米商務省が禁輸措置対象リストに入れた中国の華為技術(ファーウェイ)の問題について阿佐美弘恭副社長は「端末を調達するベンダーとして、株主様やお客様にご心配をお掛けしていることは事実だ」と話した。「ファーウェイのデバイスの取り扱いについて慎重に扱っている。様子をしっかりみながら、ご迷惑をかけないよう対応していきたい」と説明した。販売にどれだけ影響を与えているのかは言及を避けた。

今年秋以降の携帯料金の新ルール案で、2年契約を途中で解約する際の違約金を1000円以下に抑える方針と伝わっている。乗り換え加速による業績の悪影響について、丸山誠治取締役は「違約金が下がるが端末価格は上昇する。乗り換えが増えるかどうかはそのバランスで決まる」とし、「必要であれば状況をふまえながら検討していく」と答えた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。