/

NTTドコモ社長、5G基地局「20年4~6月期までに47都道府県に」

NTTドコモ(9437)の吉沢和弘社長は18日、次世代通信規格「5G」の商用サービスが2020年春に始まることに関し「2020年度の4~6月期までに47都道府県に基地局を導入し、1年後には1万局の構築を目指す」と述べた。基地局の整備を前倒しで進めていくほか、ネットワークの仮想化などを進め、低コストでの5G網の構築を目指す方針を示した。

また20日から5Gの試験サービスを開始することに関し、「実質的な開始と位置づけている」と述べた上で、「5Gを使うことでスマートフォンのあり方が変わり、新たな価値が創出される。様々なパートナーと連携し新たな世界を実現していく」と語った。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン