/

3月の第3次産業活動指数、4.2%低下の96.9 新型コロナで最低に

経済産業省が18日発表した3月の第3次産業活動指数(2015年=100、季節調整済み)は前月比4.2%低下の96.9だった。2カ月連続の低下で比較可能な2013年1月以来最低水準だった。新型コロナウイルス感染症の影響でサービス業など幅広い分野で落ち込んだ。経産省は基調判断を「急落している」に下方修正した。

11業種中、7業種が低下、4業種が上昇した。最も指数を押し下げたのは生活娯楽関連サービスで24.8%低下した。下げ幅は比較可能な13年1月以来最も大きい。外出・営業自粛の影響で飲食、旅行、レジャー関連で落ち込みが顕著だった。

最も指数を押し上げたのは医療・福祉だった。病院やクリニックの利用増が寄与し、3.5%上昇だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン