/

この記事は会員限定です

日本の観光戦略に迫る新型肺炎の影 中国客、2月以降急減の恐れ

[有料会員限定]

新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大は、海外からの訪日客(インバウンド)を中核とした日本の観光戦略にとっては、まさに泣きっ面に蜂の状況となりそうだ。日韓関係の悪化を背景とした韓国人客の大幅減を補っていた中国人訪日客。日本政府観光局(JNTO)が19日発表した1月の訪日外国人客数(推計値)では、前年同月比22.6%増と大幅に増えたものの、2月以降は大きく減少しそうだ。中国政府が1月27日から新型...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1372文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン