/

曙ブレーキ、再生ファンドから200億円調達と発表

経営再建中の曙ブレーキ工業(7238)は18日、事業再生ファンドのジャパン・インダストリアル・ソリューションズに第三者割当増資を実施し、200億円を調達すると発表した。普通株主よりも優先して配当を受け取れる優先株を2万株割り当てる。調達資金は国内外での構造改革や設備投資の資金にあてる。

第三者割当増資での種類株発行などを諮るため、9月27日に臨時株主総会を開く。

ブレーキはあわせて、同社製パーキングブレーキを組み込んだ自動車の品質問題に絡み、19年4~6月期に78億円の特別損失を計上すると発表した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン