/

この記事は会員限定です

<東証>住友電が一時6%安 5G基地局向け部品の成長鈍化を嫌気

[有料会員限定]

(13時30分、コード5802)住友電が反落。一時、前日比80円(6.0%)安の1264円まで下落した。17日に開いたアナリスト向けの説明会で、2022年3月期は次世代通信規格「5G」の基地局向けの窒化ガリウムの市場が20%縮小するとの見方を示した。6日には21年3月期の全社業績予想を引き上げる一方、基地局部品に関しては米政府の輸出規制で中国華為技術(ファーウェイ)向けが減速している...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り185文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン