日米貿易協定、GDP0.8%・4兆円押し上げ 政府試算

2019/10/18 11:11
保存
共有
印刷
その他

政府は18日、日米貿易協定の発効に伴う経済効果の試算を公表した。実質国内総生産(GDP)を約0.8%、約4兆円相当押し上げる。労働供給は約0.4%、約28万人増加すると見込む。日米貿易協定の合意内容に基づく関税引き下げの効果を試算した。同協定による貿易の円滑化や日米デジタル協定の効果については試算前提に盛り込まれていない。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]