/

この記事は会員限定です

郵政上場、NTT教訓の「最適解」

郵政親子上場の研究

[有料会員限定]

株式上場の準備を本格化し始めた日本郵政グループ。手続きが煩雑なだけでなく、グループの結束力に緩みを生じさせかねない「親子同時上場」のスキームを日本郵政が選択したのはなぜか。背景を探ると3つの理由が浮かび上がる。

東京証券取引所のトップを務めた経歴を持つ西室泰三社長が率いる日本郵政。そんな同グループが上場に際して重視したのは「投資資金の二重取り批判」を封じ込めることだった。これを実現させようとした...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1061文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン